toggle
2018-05-04

GW前半に長野

ここ7年ほど、年に2回くらい家族で長野に行っています。その前は八ヶ岳、その次は川場村にハマっておりました。

ポイントは大自然と居心地のよい宿。

白馬の定宿は、ひと組のみの宿泊、よく躾けられた犬なら食事時も含めずっと一緒にいられるのでずいぶん通いました。ファーちゃんはいなくなってしまったけど、今回も同じく田園詩さんへ行くことにしました。

オーナーと、帰り際に希望すると挨拶してくれるタルト。

白馬に滞在しつつ、安曇野、戸隠、松本、小布施、長野、上田、糸魚川、いろいろ周ってきましたが、最近できるだけ寄りたいのは木祖村です。理由はもちろん、バーゼさんで食事をしたいから!食材をただ美味しく料理する、それが結果的に美しい、リスペクトしているお店です。

胡桃とフレッシュチーズのラビオリ

それにしても長野は広く、嫌がらず疲れを見せず運転してくれる夫には感謝なのだけど、運転そんなに好きじゃない、と最近聞いてビックリです。これからも運転してもらいますけどね。

必ず寄る小川村の道の駅。自家製フルーツソースのソフトクリームがとても美味しいです!

今回は平沢に少し寄って漆器を見たり(しかしお店が全然開いてない)、諏訪大社に行ったりもしました。

漆の桶が美しいなとみていたら、職人さんが説明してくれました。この大きさに漆が入ると重くてもう持てないのでサイドテーブルに作り直して販売しているそう。

諏訪大社では三葉の松を拾いました。隣接する新鶴で和菓子を。教わって行きましたがまさに漉し餡がとても美味しいのでどの菓子も美味しかった。当日賞味期限のもちまんじゅうは予約したかいがありました!

今回の旅の最後は小淵沢の鰻、井筒屋さん。今までは折にしてもらって車でいただいていましたが12年ぶり?に店内へ。相変わらず素敵でした。天然鰻はもうさすがに無理な様子でしたが美味しかったし、夫の大好物なので外せませんが、高いわ〜〜とあらためて思ってしまった次第。

これからも休暇は長野へ、と思っています。長野の景色が大好きです。でも疲れました…小さなファーちゃんはきっとすごく疲れていただろうなと思うと、人の勝手で連れ回してかわいそうだったな、とまた涙が出てしまうのです。。夫は一緒にいて楽しかったに違いない!と言うので、そう思えたらいいのですけど。

関連記事