トップページへ


          
 
         
後半からようやく涼しさが増してきて、おいしい秋、大好きな季節となりました。
気温が高い間、なぜだかパン作りがうまくいかない・・・と落胆したとしても、涼しくなってトライすると
うまくいった、ということがあります。
発酵はまだ、室温で大丈夫。
半袖ではいられなくなってきたら、冷蔵庫の上とか多少高いところでの発酵が、ラクです。
 
初めてのバリエーションクラスは、シナモンロールでした。
大好きだったシナボンをイメージして、ふわふわでトッピングが甘酸っぱい、ボリュームたっぷりのパンに。
次の日から、召し上がる時はレンジを使うとうまく温まります。

フィリングを自由に変えてアレンジできる生地ですのでいろいろチャレンジしていただいて、おいしいフィリングをぜひ教えてください♪


 
前菜に、いちじくとモッツァレラチーズと生ハムを合わせヴィンコットで味付けしたものを。
以前銀座にあった、ジェイミーオリバーのレストランで食べたものですが、うちで作ったほうがおいしいでーす(笑)。

生ものだけの取り合わせなので、材料は私なりに吟味しました。
海老のソテーに赤パプリカのソース、じゃがいもをフライパンでカリカリに焼いてレモンとにんにくで風味づけした付け合せを召し上がっていただいたあと、シナモンロールを。
デザートはさっぱりと、りんごと梨と
キウイのマリネにしました。
個性的なピンクのテーブルクロスに、
パリ色のブーケ、
Iris lyuさんのアレンジです。

 
 
  (2006.9.)
 
2006年8月の月々の便りへ2006年10月の月々の便りへ目次へ戻る