トップページへ


 
 
         


 
暑い時期ですので、発酵いらずのベーキングパウダーを使ったマフィン「コーンミールマフィン」がメニューです。
 
このマフィンは、作り方はとても簡単ですが
納品先のカフェでとても人気があって、今まで本当に多くの方から、作り方を教えて!というお言葉をいただいていたので、クラスでもご紹介することにしました。 
コーンミールを使ったパンは、
「大草原の小さな家」シリーズの本に出てきます。
この本の料理の描写には、子供ながらにずっと惹かれていたのですが、大人になってコーンミールブレッドを作ってみると、たいしておいしくなくってガッカリしたのでした。
 
それからしばらくその存在を忘れていましたが、洋雑誌のマーサスチュワートリビングで再びコーンミールを使ったマフィンを見て、コーンミールマフィン作りに再燃。
 
配合を変えては何度も作ってみて、ちょっと満足していたところで、
「コーンブレッドの本」というものすごくマニアックな本に出会い、コーンミールについて新たな知識を得て今のレシピにたどりついた・・・
という、大げさではありますが、思い入れのあるマフィンです。
 
ババ型で焼いた小さなぷっくりした形も好評なのですが普通にマフィン型で焼いていただけます。

ちょうど生のとうもろこしの時期でもありますので、
コーン尽くしで料理を組み合わせてみました。
小さなパンケーキにも、コーンミールを使っています。
これもまた、しっとりして風味があって、お勧めです。
(2007.7.)
 
2007年6月の月々の便りへ2007年9月の月々の便りへ目次へ戻る